発達におけるポイント

赤ちゃんはみんな天才です。


その生まれ持った能力を生かし、伸ばす、ポイントは
「効果的な声かけ」五感を刺激する」ことです。

①目で見る:事実を確認する

②耳で聞く:どんな音がするのか、どんな言葉なのか

③触る、肌に触れる:様々なものの特徴や触り心地、品質など

④においや香りをかぐ:いろんなにおいや香りをかぎわける

⑤味:おいしい、まずいを覚える

 

新生児から、何気ない日常生活の中ででも

効果的な声かけをすることによって

感を刺激し、磨くことができます。


語りかけ育児として、お話をして、言語能力を伸ばしたり。


お母さんのにおいや母乳のにおい、お父さんのにおいなどをかぎわけられるようになり、泣いたり。


おむつなし育児や布おむつ育児を取り入れて、
気持ちよく過ごさせてあげ、排泄感覚を育ててあげる、

早くおむつが卒業する子もいます。


テレビを消して、音楽を流して、

一緒に聞き、体を揺らして、楽しむ。

リズムや音程を養う。

お散歩にでて、「鳥さんが鳴いてるね、どこにいるかな?」と声をかけると、

小鳥のさえずりに耳を傾け、さえずりが聞こえる方向を見つめられるようになることも。

 

母乳育児の方は、おいしい母乳、まずい母乳の飲み分けができるようになります。

(美味しい母乳で育つ子は賢く機嫌が良い、

まずい母乳で育つ子は機嫌が悪く、高いキーキー声を出すようになります。)

 

 

声のかけ方については、ポイントが3つ

 

①「正しい言葉遣い」

子供は大人が話す言葉をそっくりそのまま真似をします。

 

②「Yes,No,で答えられない、考えるような質問」

考える力を養うことは新生児からできます。

 

③「まず共感し受け止める」

優しい声と笑顔でまずは「そう思うんだね」と共感し受け止めましょう。

嬉しいんだね、頑張ってるんだね、悲しいんだね、食べたかったんだね、、、など

 

 

3歳までに脳の80%ができあがります。

ぜひ今から、

効果的な声をかけ、五感を刺激し、

どんどん発達を促し

将来いろんな分野に羽ばたくお子さんのために

まずは脳の土台をしっかり作っていきましょう。

 

 

 

 



記念日スイーツならアニバーサリー

エルセーヌ

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村