トイレトレーニングでお悩みの方へ~そして③

前回に引き続き

特にトイレトレーニングで悩んでる方にぜひ

読んでいただきたい内容です。

効果的な声がけをしていくと、お悩みが解消される方もいらっしゃいます。

もちろん、五感をしっかり刺激してくださいね。

参考:発達におけるポイント

https://cozylittlehome.com/2019/07/03/point/

 

 

おもらしを認識のチャンスにかえる声がけの一例です

出演者:1歳前後で言葉は話せないけど意思表示ができる子&ママ

(ポイント①~⑤参照)

 

赤ちゃんの心の声「わぁ!びっくりした!これなぁに!?自分の体から、何かがでてる!?」

ママ「びっくりしたね!(共感)

何がでてきたのかな?(①考える問いかけ)

赤ちゃん、わからない仕草をする

 

ママ「おしっこ(ちっち)って言うんだよ〜」

 

ママ「どこからでてきたのかな?(①考える問いかけ)

赤ちゃん、自分のお股に指をさす

ママ「そうだね!お股から出てきたね!

おしっこがでて、すっきり!おむつの外でおしっこすると気持ち良いね〜。(②共感)

 

お腹がムズムズしたの?(③気づきを与える)

赤ちゃんうなずく「うん!」

ママ「そっか〜。お腹がムズムズしたらおしっこがでたんだね〜(③事実と順番を言う)

 

おまるに座っておしっこをすると、もっと気持ちが良いよ〜。今度やってみようね〜。(④提案)

 

よし!じゃあ、一緒におしっこバイバイしよっか!(⑤お掃除を覚える)

ぞうきんを床において

おててをおいて、ふきふきふき♪ママが楽しく拭き掃除をするのがコツ)

わぁ!綺麗になった!」

 

赤ちゃんがママの真似をしてぞうきんに手をのせて床を拭く♪

赤ちゃんもママもにっこり♪

 

はい、カット!

現実はママの心は怒ったり泣いたり忙しい方もいますが

注意点を守ってお顔はとってもにっこにこで、いいよー!大丈夫だよー!いっぱい出していこうー!です

 

お子さんの年齢があがると

それなりに自分の考えを教えてくれるので

そうなんだね!や、そう考えてるんだね!

教えてくれてありがとう!などと

考えをまず受け止め、認めてあげてくださいね。

 

この楽しいコミュニケーション術=素敵な声掛け

するだけで、

排泄を前向きに捉えることで

排泄感覚の発達を促し、

あっという間におむつ卒業になるかも。

 

ただ、個人差があることも忘れずに。

他の子と比べずに、

お子さんの排泄の理解度と排泄能力の現状を目安

効果的なコミュニケーションをとって

楽しんで能力を伸ばしてあげてくださいね。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村