育児がわからなくて「育児書」を買った人

 

 

当時の私もそのうちの1人です

 

 


おむつの替え方もわからない
母乳のあげ方も
ミルクの作り方も
どういう風に成長して
どのお洋服のサイズが良いか
その成長に合わせて何をしてあげれば良いかも
まったくわからなかった。

 


今から2年前はそんな状態でした☺️

 

 


とりあえず育児書を買ってみた。

 


トラブルなどでわからないことはインターネットで検索し
いろんなコラムや本、教育系のテレビにも目を通していました。

 

 

もちろん産婦人科のご指導もありましたが。

 

 

今思えば、

育児書も動画も本も産婦人科の指導も

正しいように見えて、

実は嘘というか、誤配信も多々あります。

本や産婦人科なんかは、みんな言ってることが特にバラバラなので顕著にわかると思います。

この誤配信の話題はまた今度触れたいです^^


「総合的な育児書」はマタニティのときに流し読みしたきり

特に役にたつことがなく、飾ってあるだけです。

 

なぜかというと、

「我が子に寄り添っていないから。

実践してもそうならない。

本に書いてあることと違うことになる。」

だから実践で役に立たなかったのです。

 

なんのための「総合的な育児書」なのでしょうか。泣

 

 

だから、私は

ひとりひとりのお子さんの能力や子育てのお悩みに寄り添って

すぐ実践できて、効果のある、

講座やお茶会を開催したいなぁと思っています。

 

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村